これだけ揃えてあれば大丈夫。急なお通夜やお葬式でも慌てない持ち物リスト。

礼服・喪服

お通夜やお葬式は、予期せぬとき急にやってくることも多いですね。悲しみや驚きなど、ただでさえ色んな感情が入り混じるときだからこそ、弔問の状況に合わせたマナーや持ち物は、ある程度知っておくことをお勧めします。

お通夜・葬儀・告別式、それぞれの違いを知っておこう

最近は、身内だけで行う家族葬や、一日ですべて終える一日葬など、多様化してはいるものの、一般的なそれぞれの意味や違いを知っておきましょう。

通夜

葬儀の前夜に、故人と親しかった友人が集い、故人の家族と共に夜通しお別れをすることから「通夜」と呼ばれていますが、現代では「告別式に出席できない人が故人にお別れをする機会」となりました。仕事や用事を終えたみんなが集まりやすい18〜19時頃から始まり、順番にお焼香をして、2〜3時間前後で終了するのが一般的です。

葬儀

お通夜の翌日は葬儀と告別式です。葬儀は「故人の冥福を祈る儀式」であり、故人や遺族の死生観や宗教観が強く関係します。また、地域ならではの形式が深く継いていることもあります。参列者は受付を済ませた後で着席し、僧侶の読経と、各自がお焼香をあげるのが一般的な内容でしょう。

告別式

葬儀で故人を弔った後、そのまま同日に行われることが多いのが告別式です。これは書いて字のごとく「故人に最後の別れを告げる時間」です。喪主や親近者からのあいさつなどがあり、最後は故人の棺にお花や思い出の品を添えます。しっかりと故人への哀悼の意を表し、ご遺族にもお悔やみの気持ちを伝えるようにしましょう。

お通夜・葬儀・告別式に参列するときに必要な持ち物

気持ちよくお別れができるように、それぞれの参列時のマナーや、持ち物を知っておきましょう。

お葬式の服装、持ち物は?葬儀・告別式のブラックフォーマルって何?
葬儀に着ていくブラックフォーマルや持ち物にもマナーがあります。素材や装飾によってNGなものもあるのでこれから購入・レンタルしようと思っている方、すでにお持ちの方も通夜・葬儀・告別式の女性の服装マナーをこちらの記事では紹介いたします。

お通夜・葬儀・告別式での服装

参列者は略礼服として「喪服」を着るのがマナーです。喪服は基本的にブラックフォーマル(喪服・礼服)で、パンツやワンピースをジャケット合わせるアンサンブルが一般的ですね。

しかし、訃報とは急にやってくることも多く、特にお通夜への参列は往往にして出先から駆けつけることになるため、平服でもマナー違反ではありません。

気をつけたいことは、たとえ黒でないとしても、紺や茶などの控えめなダークカラーであることです。華やかな色や柄の服は控えましょう。もうひとつ気をつけたいのは、露出を少なくすることです。スカートであれば膝が隠れる丈が無難ですし、さらにコンビニなどを利用して黒のストッキングに履き替えましょう。胸元も肌が見えすぎないようブラウスのボタンを上まで止めるなどして、他の参列者の中で浮かない身だしなを心がけましょう。

RENTAL [M] 【8点セット】授乳対応スーツ&小物7点 ブラック便利なブラックフォーマル
(喪服・礼服)と小物のセット

授乳対応スーツ&小物セット

¥5,980(税抜)

詳細を見る

バッグ

黒のハンドバッグが理想的です。サイズは持ち物が収まる程度の大きさで、柄のない無地を選びましょう。出先から向かうお通夜でも、派手な色や柄、金具などの装飾があるバッグは避けます。黒の無地であってもリュックサックや斜め掛けタイプは葬儀向きではないので控えるのが望ましいですが、やむを得ない場合は、肩に掛けずに手に持つようにしましょう。

数珠

数珠は葬儀の宗派によって違いがあるため、宗派に合わせた本式の数珠をもつか、もしくは宗派を問わない「略式数珠」を選びましょう。片手念珠、と呼ばれることもあります。急ぎのお通夜などは持参できないことがあるかもしれませんが、大きなマナー違反に当たりませんので、安心して丁寧に手を合わせることをしましょう。

ネックレス

シンプルな真珠の一連ネックレスを礼服に合わせるのがいいでしょう。色はベーシックな白、または黒、もしくは黒に近いグレーのいずれかを選び、繰り返しを彷彿する二連は避けます。また、ビジネススーツでお通夜に向かう場合は、真珠のネックレスはかえって華美になる場合がありますので要注意です。その場合は、ゴールドやシルバーなど普段のジュエリーを結婚指輪以外は外して参列ようにしましょう。

袱紗(ふくさ)と香典

袱紗とは、お香典袋を包む布製のものです。様々な色がありますが、ご不幸のとき・お祝いの場、いずれの場面でも使えるのは「紫色」の袱紗です。1枚の状態を風呂敷のように包むタイプや、すでに封筒のような形になってる袋型など色々あります。袱紗をあまり使い慣れてない方でも、出し入れがスムーズにできるのは袋型が使いやすいと思います。

お香典は、故人の霊前にお供えする現金のこと。お通夜か葬儀の受付時に(両方に参列する場合も1度だけ)渡すようにします。この際、新札は使わないことがマナーです。金額は故人との関係性や年代、また地域の慣習などによって様々ですので、身近な人に確認してみましょう。また、急にお通夜へ参列する場合など、「香典袋はコンビニなどでも買えても袱紗がない」というときは控えめな色のハンカチで代用しても大丈夫です。

意外にうっかり抜けがち、「ハンカチ」のマナー

溢れる涙をぬぐうためにもハンカチは必需品ですね。ハンカチの色は、白、またはブラックフォーマル(喪服・礼服)に合わせた黒のハンカチも一般的になりました。

また、服やアクセサリーと比べてマナーはゆるめで、白に近いピンクや水色、落ち着いたグレーなどの色でも眉をひそめられたりすることはないでしょう。急な弔問の場合は、濃紺など地味な色であれば目立つことも避けられそうです。一方、急なお通夜の参列であっても、赤や緑、ピンクなどでの原色、ラメ素材、カジュアルなタオル素材のハンカチはできるだけ控えましょう。

RENTAL [M] 【8点セット】授乳対応スーツ&小物7点 ブラック便利なブラックフォーマル
(喪服・礼服)と小物のセット

テーラードスーツ&小物セット

¥5,980(税抜)

詳細を見る

まとめ

心置きなくお別れのご挨拶をするためにも、会場で失礼にならないマナーを守りたいものです。お通夜と葬儀では持ち物も変わるため、ブラックフォーマル(喪服・礼服)や細かな持ち物などはレンタルを利用すると良いでしょう。

ルルティでは喪服・礼服と小物がセットになった便利なセットがあるのでチェックしてみてくださいね。

 

RENTAL Black Formal MORE

トップへ戻る