【男性】マナー違反になってない?告別式や通夜での身だしなみ・持ち物

マナー

葬式や告別式、通夜の連絡は突然である場合が多く、焦ってしまうこともあるでしょう。
故人を送る大切な儀式であるため、失礼になることは避けたいですよね。
そこで今回は、突然の弔事にも焦らないように、葬式での身だしなみや持ち物について詳しく解説していきます。
フォーマルスーツ(礼服・喪服)の知識は身につけておくべき大人のマナーです。
基本的なことを抑え、正しいマナーを身につけましょう。

喪服はどんなスーツ?

喪服は礼服のひとつで、とくに黒で揃えた礼服をブラックフォーマルと呼びます。
葬儀や告別式、お通夜に参列する場合は、基本的に喪服を着て参列するのがマナーです。

ですが、結婚式のように前もって決まっているわけではないため、突然の訃報を受けて葬儀やお通夜に参列することになったら、適切な喪服をすぐに準備しなくてはなりません。
突然の参列だからといって、マナー違反は許されるものではありませんよね。

特に男性の喪服は、女性のように普段の正装とはまったく異なるスタイルではなく、スーツスタイルが基本になるため、メンズスーツのなかでもどのような種類を選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

そうならないためにも、喪服とはどのようなスーツであるべきなのか、他のスーツとの違いを知っておかなければなりません。
ではまず、基本となるブラックスーツとダークスーツについてご紹介しましょう。

ブラックスーツ

葬儀や告別式では、ブラックスーツと呼ばれる準喪服を着用します。
その中でも、デザインは無地の黒色で、光沢や艶がなくマットな生地のものを選びましょう。

そして、ダークスーツとの大きな違いは、黒の“色の濃さ”にあります。
同じ黒でも濃い黒(漆黒)を使用しているのがブラックスーツの特徴。
ダークスーツの黒と比べてみると、その差は一目瞭然でしょう。
よりかしこまった印象になるので、冠婚葬祭の場にはブラックスーツがふさわしいと言えます。

しかしここで注意したいのが、お通夜にブラックスーツを着ていくのは、一般的にマナー違反とされていること。
お通夜は、亡くなった日の翌日に行われることが多く、ブラックスーツでの参列は故人の死を予想していたかように思われてしまうからです。
そのため、ダークスーツを着ていくのが一般的とされています。

それから、ブラックスーツを購入する際に気をつけたいのが、ズボンの裾です。
サイズ感が大切な礼服は、裾直しをされる方が多いと思いますが、裾上げのタイプはシングルにしましょう。
ダブルはカジュアルなスーツに用いられることが多く、また葬儀では「繰り返す」意味合いになるため、フォーマルな場にふさわしくありません。

喪服としてブラックスーツをご紹介しましたが、ネクタイを換えれば結婚式などのお祝いの場でも使えます。

[A5] 【メンズブラックフォーマル】スーツ001 ブラック

[A5] 【メンズブラックフォーマル】
スーツ001 ブラック

¥3,000 (税込 ¥3,300)

詳細を見る

ダークスーツ

ダークスーツは略喪服にあたり、お通夜に駆けつける際に着用します。
先ほど述べたように、お通夜ではブラックスーツではなくダークスーツを着用するのが一般的です。
名前の通り、黒以外でも濃紺や暗めのグレーなどの暗い色のスーツも指します。
しかし、深緑やブラウンは暗い色であってもお通夜にはふさわしくないのでNGです。

ブラックスーツよりはカジュアルダウンしますが、故人を悼む場であるため、なるべく光沢や艶のあるものは避け、派手な小物は身につけていかないようにしましょう。

ダークスーツはお通夜以外にも利用シーンは多岐に渡り、ビジネスシーンはもちろん、親しい人の結婚式やパーティーなどにも着ていけます。
普段着るのスーツの中で、お通夜にも着ていける色合い、素材のものをもっておけば、急な訃報にも対応できるでしょう。

お葬式の着用アイテム

選ぶべきスーツがわかったところで、中に着るシャツやシューズはそれほど気にしなくても大丈夫と思ってしまう方もいるかもしれません。
しかし、身につける小物にも気を使わなければ「マナーがなってない人だな…」と嫌な顔をされてしまうことも。
スーツと同じように、身につけるアイテムにも適切なものとそうでないものがあります。
では、それぞれアイテムについて解説していきましょう。

シャツ

喪服には必ず白色のシャツを合わせます。
ですが、色いシャツとひとくちに言っても、いろいろな種類がありますよね。
「白色ならなんでもいいかな?」「スーツの下に着るし、とりあえず仕事で着ているシャツで問題ないかな?」と思いがちですが、チェックすべきポイントはいくつかあります。
まず、白を基調としていても、ドットやストライプなどの柄入り、カラーボタンやステッチが入ったものは避けましょう。
襟の形はレギュラーカラーかワイドカラーがふさわしく、生地はベーシックな平織のブロード生地を選べば間違いありません。
カジュアルな印象を与えるボタンダウンは喪服には適さないので、うっかり着て行かないように注意しましょう。
また、袖にカフスボタンを付けている人も、光ものになるので外していくのがマナーです。

[39-82] 【メンズブラックフォーマル】Yシャツ001 オフシロ

[39-82] 【メンズブラックフォーマル】
Yシャツ001 オフシロ

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

ネクタイ

普段でしたら、ネクタイで個性を出す方も多いでしょう。ですが、葬儀に個性やお洒落は必要ありません。
なのでシャツと同じように、ストライプの柄や刺繍が入ったものは避け、光沢のない黒い無地のネクタイを選びましょう。

そして、結び方にもマナーがあります。
「ディンプル」と呼ばれるネクタイの結び目の下にくぼみをつくるスタイルは、華やかになってしまうので葬儀の場にはふさわしくありません。
癖でそのようにつくってしまう方は注意する必要があります。
また、ネクタイが動くのが嫌な方もいると思いますが、カフスボタンと同様、光ものとされるタイピンは外していきましょう。

【メンズブラックフォーマル】黒ネクタイ小物セット

【メンズブラックフォーマル】黒ネクタイ小物セット

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

ベルト

ベルトはスーツであまり見えませんが、時期によってはスーツの上着を脱ぐ場合もあります。
そうなった場合にだらしない印象を与えてしまうかもしれないので、ベルトは必ずしていきましょう。
デザインは、黒で光沢のないマットな素材で、太すぎず細すぎない幅のものがベスト。
バックルが金色やシルバーで光沢の強いものはふさわしくありません。
そのため、いちばんよいとされているのは、バックルも黒色の革で覆われているタイプです。
ベルト全体が黒のマット仕様になり、目立ちません。
そのようなベルトがない場合も、なるべく光沢のないシルバーのバックルが付いたベルトを選ぶ必要があります。

シューズ

気を抜いていけないのが、足元です。
シューズも、黒色で光沢が少ないもので統一しましょう。
つま先の形は「ストレートチップ」と呼ばれる、つま先が平行になっているものがベストですが、通常仕様の「プレーントゥ」でも構いません。
また、磨き上げてツルツルになっているものは、準備していたと思われるので避けるのが無難です。

それから、羽根の部分(靴紐を通す穴が開いている革)のデザインも重要。
羽根が外側に付けられている「外羽根式」ではなく、内側に入っている「内羽根式」がよりフォーマル度が高くなります。

反対にウィングチップのようにお洒落な装飾がされていたり、金具の付いている革靴はNG。
無駄な装飾のないスマートなデザインが基本です。

それから、忘れがちなのが靴下。靴下も、黒色のものを履いていきましょう。
座ったときに素肌が見えないように、ふくらはぎ辺りまで丈の長さがあれば安心です。
普段から履いている人は少ないと思うので、急な参列に対応するためにも、コンビニなどで買って履き替える選択肢も頭に入れておくといいかもしれませんね。

[27] 【メンズ】ストレートチップシューズ ブラック

[27] 【メンズ】
ストレートチップシューズ ブラック

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

お葬式の持ち物リスト

最後に、葬儀やお通夜に持っていく小物についてご紹介します。
忘れ物をして恥ずかしい思いをしたり、遺族の方に迷惑をかけてしまったりしないように必ず確認しておきましょう。

・数珠
焼香する際には、数珠を手にかけて合掌し故人を拝みます。
宗教によって必要か否かは変わってきますが、一般的な弔事の場では必要です。
身内で貸し借りはせずに、自分用の数珠を持っておきましょう。

・香典
香典は故人の霊前に供える金品で、お香や花の代わりとして供えます。
直接遺族に渡るものなので、失礼がないよう金額や表書きの書き方に気をつけながら準備しましょう。

・袱紗
香典を包む際に使われる袱紗。香典の汚れやシワがついてしまうのを防ぐ役割と、遺族に対するお悔やみの気持ちを表す上での大切な礼儀として用いられます。
慶事の場でも使いますが、葬儀やお通夜で使うときは派手な色を避け、黒やグレーなどの落ち着いた色味のものを選びましょう。
男性の場合は、紺色なら慶弔時の両方で使えるため便利です。

・ハンカチ
忘れがちなハンカチも念のために準備しておきましょう。涙を流す場合もありますし、自分で使わずとも誰かに貸す場面もあるかもしれません。
派手な色や柄は避け、白や黒、グレーなどの落ち着いた色のハンカチを用意しましょう。

【メンズブラックフォーマル】黒ネクタイ小物セット

【メンズブラックフォーマル】黒ネクタイ小物セット

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

まとめ

葬儀や告別式、お通夜に参列する際の、男性が着る正しい喪服についてご紹介しました。
大切な儀式の場で失礼にならない身だしなみのマナーはひと通りご紹介しましたが、いざ喪服が必要になったときに、手元にない場合や、何年も着てなくてサイズが合わなくなっていた、なんてこともあると思います。
そんなときは、スーツのレンタルサービスを利用するのもおすすめです。
喪服を購入するときのデメリットは、ブラックスーツは冠婚葬祭の場で使えるため長く使えるしっかりとしたものを揃えたいけど、サイズ感が合わないものを急いで買ってしまったり、多くの場でカジュアルに使えるダークスーツはデザイン性の好みや流行もあるため、ずっと同じものを着続けるのも難しい、などが挙げられます。
しかしレンタルであれば、そのあとで今後のためにじっくりと考えてから購入することもでき、流行に合わせた自分好みのスタイルをその都度選択することも可能。
さらに、シューズなどの小物のレンタルもできるので、簡単に一式揃えられるのもメリットです。
まだ喪服を揃えていない方は、一度レンタルサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。
「レンタルドレスLULUTI」でスーツを探す

トップへ戻る