【男性ゲスト】結婚式の服装(スーツ)マナーは?

マナー

20代に入れば、友人の結婚式も増えますし、会社の上司の結婚式にお呼ばれすることも出てきますよね。女性であれば結婚式参列用のパーティードレスも多く、種類が多いという点では楽しくルールを守りながら自分らしい装いもできるというもの。しかし、男性となると「黒のスーツ一着あれば冠婚葬祭大丈夫!」といった意見も…。ただ「黒のスーツ」と言ってもスーツの形や結婚式のルールもありますから、しっかりと押さえた上で選びたいですよね。さらに、黒以外ではダメなの? ネクタイはどんな柄ならいいの? バックは?など色々な疑問があるはず。今回は男性ゲストの結婚式での装いについてご紹介したいと思います!

フォーマルスーツの種類

まず、結婚式は友人や上司の晴れ舞台となる「式典」です。ですから、普段着ているようなビジネススーツではなく公式な場にふさわしいフォーマルスーツを着るのがマスト。しかし、フォーマルスーツといってもさまざまな種類があり、式の各式によって変わってきます。一つひとつ押さえていきましょう!

正礼装

最も格式が高い場で着用するフォーマルスーツ「正礼装」。テレビでは宮中行事や内閣総理大臣などの新任式で見ることができます。昼間に着用する正礼装を「モーニングコート」、夜間の正礼装を「イブニングコート」、またイブニングコートのかわりに「タキシード」を着ることも。もし「ブラックタイ」を着用する場合はタキシードを着ましょう。この正礼装を着る場合があるとすれば、それはゲストをお迎えする立場の時です。

準礼装

「準礼装」は「正礼装」のひとつ格下のフォーマルスーツです。実は、「正礼装」で紹介した「タキシード」はイブニングコートの代わりに着る方が増えてきただけであって、もともとは準礼装の一つ。夜間にはタキシードを昼間の準礼装としては「ディレクターズスーツ」を選びましょう。ディレクターズスーツはモーニングコートの裾を切ったようなスーツです。一般的には結婚式の主賓や上司が着用する場合が多いので覚えておくといいかもしれませんね!さらに「ブラックスーツ」は昼夜関係なく着用できるフォーマルスーツです。ビジネス用のブラックスーツとは生地や黒の濃さが違いますので、気をつけましょう。

[A5] 【メンズパーティースーツ】スーツ001 ブラック

[A5] 【メンズパーティースーツ】
スーツ001 ブラック

¥10,000 (税込 ¥11,000)

詳細を見る

[Y5] 【メンズブラックフォーマル】スーツ001 ブラック

[Y5] 【メンズブラックフォーマル】
スーツ001 ブラック

¥3,000 (税込 ¥3,300)

詳細を見る

略礼装

さらに「準礼装」より格下のフォーマルスールが「略礼装」にあたります。「ダークスーツ」と呼ばれるものがそれにあたり、ダークネイビーやダークグレーなど黒以外のダーク系のフォーマルスーツのことを指します。また近年では光沢のあるような、より華やかな「パーティースーツ」を選ぶ方も。友人の結婚式であれば場が華やかになりますからいいかもしれませんね!20代の参列であれば、この略礼装を選ぶことが多くなるでしょう。

[A5] 【メンズパーティースーツ】3ピーススーツ001 ネイビー

[A5] 【メンズパーティースーツ】
3ピーススーツ001 ネイビー

¥10,000 (税込 ¥11,000)

詳細を見る

選び方

スーツ、礼服の種類を紹介してきましたが結局のところ「どれを着たらいいのか!」という部分が重要ですよね。どれがいい!これを着ていけば間違いない!という一着はあまりなく、参列する際の新郎新婦との関係で着るスーツを選ぶのがベストです。次の項目から詳しく紹介していきましょう。

結婚式に着ていくスーツの選び方

一つ前でも紹介した通り、参列する際の新郎新婦との関係性で着る礼服の種類は変わってきます。例えば、友人の結婚式であればタキシード以外にもさまざまな色が楽しめるダークスーツやパーティースーツで問題ないことも多いのですが、親族の結婚式や上司の結婚式であれば失礼にならないように「準礼装」であるブラックスーツを選ぶのが無難です。しかし、友人の結婚式であっても、式場が格式高い場所であればその格式に合った礼服を着用する必要があります。結婚式の招待状に会場の案内もついている場合が多いと思いますので、必ず会場がどのような場所なのかはチェックするようにしましょう。次からはそれぞれのスーツがどのような場面で最適か、そのスーツの選び方を紹介していきます!

タキシード

先でもお話した通り「正礼装」を着る機会は少ないと思いますので、まずは「準礼装」であり「正礼装」として着る機会もある「タキシード」から。蝶ネクタイをすることが特徴的で、ベターなタキシードは黒生地ですが、実は柄物や明るい生地のものもあります。親族や上司の結婚式であれば黒地を友人や親しい間柄の結婚式であれば柄物を選んでもいいかもしれませんね。タキシードは夜間の礼服で、通常夕方5時以降のスタンダードな装いとなります。参加時間もチェックして着るようにしましょう。

[A5] 【メンズパーティースーツ】スーツ001 ネイビー

[A5] 【メンズパーティースーツ】
3スーツ001 ネイビー

¥10,000 (税込 ¥11,000)

詳細を見る

[39-82] 【メンズパーティースーツ】Yシャツ001 オフシロ

[39-82] 【メンズパーティースーツ】
3Yシャツ001 オフシロ

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

【メンズパーティースーツ】蝶ネクタイ(黒)小物セット

【メンズパーティースーツ】
3蝶ネクタイ(黒)小物セット

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

ブラックスーツ

「準礼装」の一つであり、冠婚葬祭、さらに昼夜関係なく着用できる「ブラックスーツ」は最も選びやすいスーツといってもいいかもしれませんね。黒のビジネススーツと何が違うの?と思う方も多いかと思います。礼服とビジネススーツの黒は「濃さ」が違います。礼服の方がより濃い黒で、ビジネススーツの場合は薄い黒色に見えるはず。また、生地の質も違います。より上質な生地を使われている礼服。同じような見た目だから…とビジネススーツを着ていくと恥をかく可能性がありますので気をつけましょう。基本的にネクタイは白がベターです。

[A5] 【メンズブラックフォーマル】スーツ001 ブラック

[A5] 【メンズブラックフォーマル】
スーツ001 ブラック

¥3,000 (税込 ¥3,300)

詳細を見る

[39-82] 【メンズブラックフォーマル】Yシャツ001 オフシロ

[39-82] 【メンズブラックフォーマル】
Yシャツ001 オフシロ

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

【メンズブラックフォーマル】白ネクタイ(小紋柄)小物セット

【メンズブラックフォーマル】
白ネクタイ(小紋柄)小物セット

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

ダークスーツ、パーティースーツ

「略礼装」にあたるダークスーツやパーティースーツは自由度が高いのが魅力的。黒だと暗すぎて…と心配な方にはぴったりの装いです。場も華やかな雰囲気になりますが、派手すぎるものは選ばないようにしましょう。そのかわり、ネクタイやジレなどの小物で個性を出すとおしゃれ感も増します。

[A5] 【メンズパーティースーツ】3ピーススーツ001 ブラウン

[A5] 【メンズパーティースーツ】
3ピーススーツ001 ブラウン

¥10,000 (税込 ¥11,000)

詳細を見る

[39-82] 【メンズパーティースーツ3ピース】Yシャツ001 オフシロ

[39-82] 【メンズパーティースーツ3ピース】Yシャツ001 オフシロ

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

【メンズパーティースーツ】ペイズリー柄(ベージュ)ネクタイ小物セット ベージュ

【メンズパーティースーツ】ペイズリー柄(ベージュ)ネクタイ小物セット ベージュ

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

NGはある?

さて、次に気をつけたいのがゲストで呼ばれた際の結婚式でのNG。女性の参列者にNGがあるようにメンズにもルールが!いわずもがな新郎とかぶる「白のスーツ」はNGなのですが、明るいグレーやピンクなどぱっと見で白に近い色のスーツもNGです。また、黒のスーツに黒のネクタイもNG。というのも、この装いはお祝いというよりも弔いの場にふさわしい衣装ですよね。白など明るい色を選びましょう。暗すぎる装いはNGですが、明るすぎる装いもNG。新郎新婦が主役ですから、誰よりも目立つようなスーツは避けるのがマストです。

結婚式に着用するアイテム

スーツについてご紹介してきましたが、Yシャツやネクタイ、シューズなど気をつけなければいけない部分は実は多いのです。小物で恥をかかないようにチェックしていきましょう!

Yシャツ

まずはYシャツ。それぞれの礼服によってふさわしいシャツというものがあります。蝶ネクタイの着用をするタキシードであれば襟が三角に折れた「ウイングカラー」のシャツを。パーティースーツであれば柄物や淡いブルーなどのカラーシャツを選んでもおしゃれでしょう。爽やかなイメージのあるボーダーシャツも魅力的です。気をつけなければいけないのは「ボタンダウンシャツ」。いわゆる、襟先に小さなボタンがついているシャツや襟の歌側にスナップボタンが付いたシャツなどのことですが、カジュアルな印象を与えてしまうので着用はNG。フォーマル度が高いレギュラーシャツを選ぶのが無難です。

[39-82] 【メンズパーティースーツ3ピース】Yシャツ001 オフシロ

[39-82] 【メンズパーティースーツ3ピース】Yシャツ001 オフシロ

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

小物(ジレ、ネクタイ、シューズ)

最終的に最後に選びがちなジレやネクタイ、シューズ。実は特にセンスが問われる部分であり、繊細に選んでいきたいアイテムです。「ジレ」、いわゆるベストですが、よりフォーマル度が増すのでチェックしたいアイテムです。ダークスーツであればジレを明るい色にすることで全体のバランスが引き締まります。また、ジレを着ていれば暑い時に脱げるのもポイントが高いですよね。着たことがないから…と避ける方もいるかもしれませんが、ぜひ取り入れてみてください。

ネクタイ

さらにネクタイにも力を入れたいところ。白の光沢あるネクタイがベターですが、ブルー、ピンク、イエロー、ラベンダーなどのパステルカラーもおすすめです。ジャケット、ジレとのバランスを考えながら選ぶのがいいでしょう。先述した通り、黒のネクタイはNGですが、アニマル柄のネクタイも縁起が良くないのでNGです。清潔感のあるものを選ぶといいでしょう。
また、ネクタイではなくタキシードやパーティースーツには蝶ネクタイもこなれ感が出ておすすめです。

【メンズパーティースーツ】蝶ネクタイ(グレー)小物セット

【メンズパーティースーツ】
蝶ネクタイ(グレー)小物セット

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

シューズ

最後の大物といってもいい「シューズ」。本来メンズフォーマルな装いには「紐靴」を履くのがマストです。さらに、一般的には「黒」がベター。ただ、親しい友人などの結婚式でパーティースーツの場合「茶色」を合わせても問題はありません。革靴にもさまざまな種類がありますが、格式の高い「ストレートチップ」のデザインがおすすめです。ダークスーツやパーティースーツの場合は「プレーントゥ」デザインでも◎。しかし、「ウィングチップ」はカジュアル度が高いので二次会では問題ないかもしれませんが、結婚式や披露宴では避けるようにしましょう。

[27] 【メンズ】ストレートチップシューズ ブラック

[27] 【メンズ】
ストレートチップシューズ ブラック

¥1,500 (税込 ¥1,650)

詳細を見る

まとめ

20代メンズの礼服についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか? ゲストとして初めて結婚式に参加する!という方も多いはず。新郎新婦の関係性、会場の格式などを気にしながら選ぶようにしましょう。ただ、そうすると同じスーツが着られない場合も…。最近ではフォーマルスーツ一式をレンタルする方も少なくありません。ぜひチェックしてみてください!
「レンタルドレスLULUTI」でスーツを探す

トップへ戻る