なに羽織る?パーティードレスの羽織りものはこうして選ぼう

なに羽織る?パーティードレスの羽織りものはこうして選ぼう パーティー・式典

結婚式のスタイルも多様化してきましたが、せっかくのお祝いの場だからこそきちんと参列して祝福したいという気持ちに変わりはありません。また、やっと見つけたお気に入りのドレスが、周りよりも露出が多くてわる目立ちしてしまったとか、後から振り返ったら常識はずれの着方をしてたかも、と後悔するようなことがない様にしましょう。

華やかな雰囲気は出したいけど、首回りや肩などはどのくらい肌を見せてもいいのでしょうか。場に適したドレスと羽織ものを選んでいきましょう。

参列する時の基本マナー

懐かしい友達に会えたり素敵な会場で食事ができたり、参列者としてその場を楽しむことは大切ですが、古今東西、結婚式の主役はもちろん花嫁です。招待してくれた新郎新婦にとって一生忘れられない素晴らしい思い出の日となるよう、心から祝福の気持ちをもって参列しましょう。

結婚式・披露宴でのNG服装に注意!女性ゲスト基本の服装マナー
友人や親戚の結婚式にゲストとして招待された際、多くの人が悩むのが「どんな服装で行ったら良いか」ということ。結婚式などフォーマルな場では服装の決まり事も多く、知らず知らずのうちにマナー違反になっている人も少なくありません。正しい服装マナーをしっかりと押さえて、当日に臨みましょう。

露出は保護者の気持ちになって考える

夜間の華やかなパーティーならいいのですが、披露宴などは新郎新婦の上司やご家族、特にご年配の親戚が参列することもあるため、首回りや肩が大きく開いたデザインなどは避けるか、または必ずジャケットを着用します。体の線がくっきりわかる素材やデザインもできるだけ避けましょう。スカート丈は着席するとけっこう上がるため、座っても膝にかかる程度の丈があるスカートを選ぶのがポイントです。

ボレロ、ジャケット、ショール、何を基準にどう選ぶ?

ドレスの羽織ものは、全体のイメージやバランスを決める大切なアイテムです。かっこ良さを演出するジャケットや、柔らかなイメージに見せるショール、こなれた雰囲気を出すボレロなど、個性と場面のバランスから選んでみましょう。

ボレロ

ボレロとは丈がウエストよりも短めで、フロントは開いたまま羽織るもの。多くのボレロがかわいらしい雰囲気を演出してくれるので、例えば普段かっこいい系の女があえてレイヤーのあるボレロで柔らかい感じにしたり、紺や茶色などダーク系のカラードレスに合わせたり、またはパンツスタイルに丈の短いボレロで肩周りに視点をもってくるのも素敵です。
結婚式では定番となっていますが、どのパーティードレスにも合う万能アイテムです!

RENTAL [M] バックリボン付シフォンボレロ

RENTAL [M] バックリボン付シフォンボレロ

¥2,500(税抜)
詳細を見る

ジャケット

しっかりした印象を与えるので、例えば先輩や上司が多い場面や、新郎新婦の職場の人が多い披露宴などではやはりジャケットの着用が安心です。背筋が伸びるため姿勢も良く見えるでしょう。また、ドレスに合わせてパフスリーブや、デザインジャケットなど、少し個性を演出するのもジャケットなら羽織るだけでOKです。

RENTAL [M] 七分袖ボレロジャケット

RENTAL [M] 七分袖ボレロジャケット

¥2,500(税抜)
詳細を見る

ショール

ショールは大判で四角になってるものがほとんどです。三角に折って、首にかけるというよりも肩全体を覆う様にして使います。素材はレースやシフォンなど様々ですが、いずれもドレスの差し色になるように使うとおしゃれ度も出ます。また、冷房からカバーできたり、体型もバランスよく見せるといった効果もあります。

RENTAL [F] 刺繍ショール

RENTAL [F] 刺繍ショール

¥2,500(税抜)
詳細を見る

スヌード

筒状になっているスヌードは、首回りにボリュームを出してくれたり、デコルテあたりまでグッと下げると、首回りの開きを上品にカバーしてくれるアイテムです。ただふわふわした素材も多いことから、着席で食事をする披露宴よりも立食やガーデンウェディング、または夕方以降の1.5次会スタイルに向いているかも。

RENTAL [M] ビジューリング付き2WAYレースボレロ ブラック

RENTAL [M] ビジューリング付き2WAYレースボレロ ブラック

¥2,500(税抜)
詳細を見る

NGポイントも基本をおさらい

よく言われる「白ドレスNG」に代表される様なマナー違反をしないようポイントを押さえておきましょう。

基本中の基本、白には要注意

結婚式で白ドレスを来ていいのは新婦のみです。白のワンピースはもちろん、参列者は着席が長いため、着席してると白ドレスに見える様なトップスも、ジャケットや首回りなど合わせるものに工夫が必要です。
また、薄いパステル系の黄色やベージュなど、遠目だと白っぽく見える色も避けるか、せめて全身その色にならないようにしましょう。明るめに撮る写真撮影では白に見えることが多いにありえますので、薄い色ならグレーやアイボリーなどを選ぶのがおすすめです。

柄物はアニマル系以外で

ファー素材やアニマル柄のバッグなども要注意です。殺生をイメージさせるファーやアニマル柄はお祝いの場にはドレスとの相性が良くてもコ避けるのがベターです。同じ理由で、全身真っ黒コーデはお葬式をイメージさせてしまうのでカラーのボレロや白パールなどを合わせて華やかな黒を演出する方がいいです。

まとめ

結婚式の場合は基本的に、ドレスを選ぶ時には羽織ものがセット、と考えるのが正解です。ドレスのスタイルやカラーに合わせて、羽織もののデザインやカラーを合わせて選びましょう。ルルティならセットでレンタルするとお得なクーポンもご用意しています。
大切なお祝いの席だからこそ参列側もしっかりと準備して、大好きな人たちと幸せいっぱいの時間を過ごしてください。

RENTAL ITEM MORE

トップへ戻る